<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意

<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意


<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意
実際に賃貸物件を探している人が、不動産屋まで来てもらわなければ不動産ビジネスは成り立ちません。
インターネットでいくら訪問者があっても店頭に来てもらえないと意味がないのです。

もし不動産屋へ行くのでしたら、その前に不動産雑誌などに掲載されている物件が本当にあるのかを確認してからにしましょう。
そうすることでおとり広告に惑わされることもなくなるでしょう。
いわゆるおとり広告と呼ばれている広告を出し、一人でも多くの来店者を増やすことを不動産屋では行なっています。
おとり広告を確認して実際に店に訪ねてみると、「申し訳ございません。すでにその物件は契約されています」などと言ってくることでしょう。 世界的に見ても日本の賃貸物件の数は多い方であり、シーズンで無い時には多くの物件から選ぶことが出来ます。
ただし引越しシーズンとなってしまいますと、逆に良い物件と出会えなくなってしまうのでタイミングが非常に重要なのです。




<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意ブログ:09月17日

あさ早く、始発の電車に乗った。
定期健診の為である。

いつもなら主人の車で、付添ってもらうのだが、
わしが「思い切って一人で行ってみる」と言い張って、
久しぶりに電車に乗った。

およそ2年ぶりの乗車に
乗客の姿が新鮮に映る。

携帯でメールする若者、
眠そうにうつむいている学生…

そして、
わしの前にはサラリーマンが二人。
上司らしき人が若者に人生訓を言って聞かせている。

「あさからお気の毒に」と同情しつつ、
聞くともなしに聞こえてくる会話を耳にしながら、
ふっと、わしの左手に巻かれた紅白の糸が目に止った。

これは、サッカー好きのムスメが巻いてくれたミサンガである。

あるの晩こと…
居間で新聞を読んでいると、
「母さん、ちょっと手を出して」とムスメが言った。

いつもは反発ばかりしているムスメの言うこと、
また、何かのおねだりに違いないと、
恐る恐るわしは手を出した。

すると、ムスメは
紅白の糸で編んだものを
わしの手に結びつけた。

「なあに?これ」と聞くと、
「絶対にほどいたり、切ったりしたらダメよ!
願いが叶わなくなるから」とムスメは言う。

聞くと、これはミサンガ(プロミスリング)と言って、
お守りのようなもので、いろいろな糸を編んで作る…
これに願いを込めて結びつけ、
自然に切れると願いが叶うというものらしい。

そういえば、
ムスメの手にも足首にも
大小様々なミサンガが結びつけられている。

「母さんの病気が治るように、わしが編んだの。
色もおめでたいように紅白にしたよ」と得意そうに笑った。

いつもはウザイとか最悪などと
反抗期真っただ中のムスメの、
屈託のない素顔にふれた夜の出来事を想い出していた。
<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意

<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意

★メニュー

<お役立ちメニュー>引越しの2週間前に賃貸探し
<お役立ちメニュー>管理物件を多数抱えている不動産屋
<お役立ちメニュー>賃貸の家賃が時期によって高くなることもある
<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意
<お役立ちメニュー>礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう
<お役立ちメニュー>初期費用として家賃の半年分程度は用意
<お役立ちメニュー>最も大切なのは出せる家賃の設定
<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目
<お役立ちメニュー>偏った情報が掲載されている賃貸情報誌
<お役立ちメニュー>やっぱり賃貸探しで役立つのがインターネット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)一人暮らしをするなら賃貸物件推奨