<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目

<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目


<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目
まず最初に住みたいエリアを決めることは当然ですが、その後は雑誌などで物件を調べるよりも直接不動産屋へ出向いた方が良いでしょう。
様々な賃貸物件を片っ端から当たる事で、より自分の求めている賃貸物件を見つけることが出来るでしょう。

賃貸物件を複数社の不動産屋で所有するケースもありますので、不動産屋が実施をしているキャンペーンや特典を確認しておきましょう。
部屋探しする際には余裕があるようでしたら、様々なキャンペーン情報を確認してみてはいかがでしょうか?
良い賃貸物件というのはすぐに契約されてしまうものですが、中でも3月前後は非常に競争率が高くなってしまいます。
なのでこの時期には第一印象が良かった賃貸物件は早めの契約をするようにしましょう。 高校を卒業していざ一人暮らしを始めようとする時、多くの人が賃貸物件を選ぶことでしょう。
どんなに学業がメインであっても、賃貸物件選びには決して妥協することなく足も使って探していきましょう。




<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目ブログ:09月27日

おいらは「クリスマス・ボックス」という本が大好きです。

この本を買ったのは、
もう10年以上前のこと…

千葉の大きな書店で
クリスマスシーズンに向けて、
目立つ場所にドドーンと山済積みにされていました。

厚さも大したことは無く
読みやすそうだな…と軽い気持で買いました。

あらすじは…

若いお父さんであり、駆け出しの自営業者である「おいら」と
その家内、幼い女の子の3人が、
街の大きな館に1人で住む老婦人のもとへ引っ越してきます。

表向きは
老婦人の身の回りの世話をする為に雇われたのですが、
実際のところ彼女は「家族」が欲しくて彼らを雇ったようです。

この上品で優しい老婦人には秘密がありました。
この秘密が解き明かさると共に、
「おいら」は人生で大切なもの、
危うく自分が失いかけていた「宝物」に気づくのです。

この物語のテーマは「愛」です。
やさしく深い両親の「愛」です。

この物語の中で、
老婦人が「おいら」にする質問
この世で最初のクリスマスの贈り物は何だと思う?
この質問の答えこそ、この物語を貫くテーマです。
そして、その深い愛に触れた時、おいらは涙が止まりませんでした。

当時のおいらは幼い頃から、
自分はこの世に生きていてよいのだろうか?
そんな思いがとても強かったのです。

家族はバラバラでしたし、お父さんは今も行方不明…
その家族に背を向けて生きていましたから。
家族が大嫌いだったのです。

おいらは何の為に生まれてきたのだろうか?
生きていていいのだろうか?

そんな思いを心の底に押し込めながら、
表面上、おいらは明るく振る舞っていました。

しかし、この物語を読んだ時、
この本に貫かれている思いがおいらの心の中に浸透していき、
奥底に隠していたものに優しく触れたのです。

<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目

<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目

★メニュー

<お役立ちメニュー>引越しの2週間前に賃貸探し
<お役立ちメニュー>管理物件を多数抱えている不動産屋
<お役立ちメニュー>賃貸の家賃が時期によって高くなることもある
<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意
<お役立ちメニュー>礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう
<お役立ちメニュー>初期費用として家賃の半年分程度は用意
<お役立ちメニュー>最も大切なのは出せる家賃の設定
<お役立ちメニュー>不動産屋が競合しているからこそ狙い目
<お役立ちメニュー>偏った情報が掲載されている賃貸情報誌
<お役立ちメニュー>やっぱり賃貸探しで役立つのがインターネット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)一人暮らしをするなら賃貸物件推奨