貴方が求めているパーフェクトな賃貸探しを続けてしまっては、なかなか理想の物件を見つけられなくなってしまいます。
また、当たり前のことですが好条件が重なると、それに比例して家賃もどんどんと高額になってきてしまうのでご注意ください。

 

「近くにコンビニがあって、駅まで5分以内、オートロックでフローリングで…」などと理想を高くすればするほど選ぶことの出来る物件数が減ってきてしまいます。
例えば2DKで探している場合だったとしても、広めの1LDKも視野に含めるなど条件に幅を持つようにしてください。
賃貸物件を探す時には、妥協の出来る条件と、絶対に妥協をすることが出来ない条件を区別しておきましょう。
不動産会社に行く時も条件を決めた上で行った方が、 担当の人から明確な物件を紹介してもらいやすくなります。 今現在日本で賃貸の需要と言ったらやはりワンルームタイプですが、もちろんファミリータイプも多くあります。
中には「この条件でこの家賃なんてありえるの?」という掘り出し物件も見つけることが出来るのです。



<お役立ちメニュー>最も大切なのは出せる家賃の設定ブログ:08月19日

人は「習慣」の生き物であることが、
最近の脳科学の研究でも解明されているそうですが、
みなさん、ご存知でしたか?

おれたちの体は、ある事象を一度体験してしまうと
それが「当たり前」になり、
それを繰り返していくうちに、習慣となり
「やらないと気が済まない」ようになるのだそうです。

しかも、
「悪い習慣」ほど人間の本能的な快楽に近いので、
習慣化しやすいのだとか…

この「習慣」を「食べること」と結びつけるとどうなるか?

例えば…
かきあげ丼を食べに行った時、食後のデザートとして、
ケーキやアイスキャンディーを食べて
脳がその時の状態を「美味しい」「幸せ」と認識してしまうと、
「食後にはデザート」
という「習慣」ができてしまうわけです。

そして、
何度も食後にデザートを食べる習慣ができてしまうと、
今度は「食後にデザートを食べないと不幸」
という認識になってしまうんですね!

同じように
「18時になったらお菓子を食べる」
「寝る前にお菓子をつまむ」
「深夜番組を見る時にはお菓子が手放せない」
というのも、
最初はパパさんと一緒の時とか
ホンのちょっとしたきっかけで始めたことが
習慣化された結果です。

こんな習慣は、
シェイプアップにとって、大敵としかいいようがないですよね。

しかも
脳は一度「快感」と感じたことは
繰り返し求めるんだそうです!

脳のこんな癖に気付かずに、
この「快感」に溺れてしまうと、
やめることが難しくなってしまうんです。

ですから、
習慣化する前に、
「悪い習慣」はやめる、
もしくは「最初からやらない」ようにしましょう。

「最初からやらない」ことが最もラクな方法だと、
おれは思うんですが…

嗚呼,気分爽快